周辺機器

iPhoneのイヤホンジャック廃止とAppleの狙いとは?【iPhone】

alt"iPhoneのイヤホンジャック廃止とAppleの狙いとは?【iPhone】"

 

今、あなたがiPhoneを使っていくうえで不便だと思っている点は何ですか?

この質問をすると、一定の割合で

イヤホンジャックがないこと

という回答が返ってきます。

 

イヤホンジャックが廃止されたため、従来のイヤホンを利用するなら、イヤホンジャックアダプタを中継しなければならなく、

ほんとにスマートなの?

と疑問に思う点はあります。

【関連記事】

私のツイッターのほうでアンケートをとってみると

という結果になりました。

やはり当然と言っていいほど、「不満あり」のほうが投票数が多いですよね。

自分の周りの人たちにアンケート取っただけでもこれだけの差が出ています。

それでは、何に不満を持っているのでしょうか。

 

イヤホンジャックはいつから廃止されたの?

iPhoneのイヤホンジャックですが、廃止されたのは2016年に発売された「iPhone7」からです。

それ以降の機種である、iPhone 8 / iPhone X / iPhone XS / iPhone XR / iPhone 11 でも同じように廃止されています。

おそらくこれ以降の機種も、同じようにイヤホンジャックは廃止されたままだと考えられます。

 

イヤホンジャック廃止の問題点

まずは、イヤホンジャック廃止の問題点から見ていきたいと思います。

 

既存のイヤホンが使えない

問題点の1つ目が既存のイヤホン、つまり3.5mmのイヤホンが使えないという点ですね。

音楽を聴く際など、ほとんどの人が3.5mmのイヤホンやヘッドフォンをつないで聞いていたと思います。

しかし、イヤホンジャックが廃止になったせいで、中継するアダプタがなければ3.5mmのイヤホンやヘッドフォンを使うことはできません。

 

alt"iPhoneのイヤホンジャック中継器"

また、上の写真のように中継するアダプタは極めて小さく無くす可能性は高いです。

 

alt"iPhoneに同梱しているイヤホン中継器"

それにこの中継アダプタは、以前ならApple純正のものがイヤホンと一緒にiPhone購入時に同梱されていました。

しかし、今現在では同梱されておらず別途に個人で購入しなければいけません。

この中継器の純正品の価格は1000円(税別)で、決して安いわけではありませんしわざわざ買う人も少ないのではないでしょうか。

 

確かにiPhoneの購入と同時についてくる、Apple純正のLightning端子に対応した新しいイヤホンはあります。

しかし、イヤホンにこだわっている人は多く、自分の耳のサイズに合ったイヤホンを使いたい方も少なくありません。

私も中継アダプタを使って自分のお気に入りのイヤホンを使っていますが、やはり不便に感じてしまいます。

 

ちなみに私が使っているイヤホンとヘッドフォンはこれです。

created by Rinker
キングストンテクノロジー
¥5,180
(2020/09/22 05:47:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

両方低価格なうえに音質もよく、ゲームする際はどちらかを使っています。

コスパも良いので、いいイヤホンやヘッドフォンを探している方はぜひ試しに使ってみてください!

https://riscrepe.com/okcsc-dd3-earphone-review/

イヤホンと充電が同時にできない

次の問題点が、「イヤホンと充電が同時に使えない」という点ですね。

イヤホンジャックが廃止したため、3.5mmのイヤホンを使う際は中継アダプタをiPhone側に挿入しなければならなくなりました。

しかし、ここで問題が発生します。

同時に充電ができないんですね。

 

こちらの写真を見ればわかる通り、Lightning端子はiPhone一台に1つしかついていません。

そのため、イヤホンを使用している最中は充電できません。

また、逆でも同じです。

イヤホンジャック廃止の中で一番不満に思っている点はこれのような気がしています。

 

別途で販売している、

【令和2019最新版】ライトニング アダプター 急速充電 変換ケーブル 2in1 音楽再生 iPhone 7 / 7 Plus / 8 / 8 / X/XS/XS Max/XR 【 iOS11 iOS12 】 に対応
JAWWEI

このような商品を購入すれば、充電しながらイヤホンで音楽などを再生することはできます。

しかし、非純正品通話の音声が入らないものもあるので購入には注意が必要です。

 

このように見ていくとやはり、イヤホンジャックの廃止には少なからず問題点があることが分かります。

ここまで問題点ばかり挙げてきましたが、しっかり見てみると問題点ばかりでもないんです。

イヤホンジャック廃止による恩恵

それでは、イヤホンジャックが廃止したことでユーザー達にどのような恩恵があったのでしょうか。

簡単にいうと「iPhoneの性能が上がった」という点でしょう。

 

3.5mmのイヤホンジャックを廃止したことによって、iPhoneにより良い性能を付けることが可能になりました。

iPhone7の前作であるiPhone 6sより2時間長く使えるバッテリーを搭載したり、重量が軽くなるなどの恩恵があります。

 

また、イヤホンジャックを廃止したことによって防水性能も付きました。

「イヤホンジャック廃止」ということで悪い面に注目が集まりがちですが、実際見てみるとプラスの部分も少なくないんです。

ただ、自分でしっかりと実感できる部分が「マイナス」の部分が大きかっただけなんです。

Appleの本当の狙いは?

ここからはあくまで私の予想です。

イヤホンジャック廃止は唐突にユーザーを裏切る形として起こりました。
しかし、これにはあくまでAppleの考え方があったのだと思います。

最近は便利にしようという動きの中に「ワイヤレス」というものが流行ってきています。

当然、イヤホンにもその動きはあり「Bluetooth」というものが存在します。

 

私が街を歩いていて最近思うのが

「Bluetoothしてる人多いな」

ということです。

最近急速にBluetoothが普及しているんです。

今ではコンビニにまで安い価格で販売しているところもあるくらいです。

 

そこでAppleは『AirPods』というものを同時に発売しました。

最近ではサッカー選手などが身に着けており、注目を集めていますよね。

Appleがイヤホンジャックが廃止したことにより、それに代わる新しい技術として「Bluetooth」というものが普及しました。

これの動きをAppleは先読みしていたのか、もしくはAppleがこの技術の普及を早めたのかは分かりませんが、私はどちらともいえると思っています。

この動きが正解かどうかは分かりませんが、現にBluetoothが普及していますし間違いではなかったのではないかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Appleはどんな時でも新しい技術を発表し、世の中に広めていきました。

イヤホンジャック廃止は問題点も多く、不便に感じる人も多いと思います。

しかしBluetoothが発展し、「有線」というものが古い文化になるのも、もうすぐそこまで来ているかもしれません。

世の中はどんどん便利になっています。

世の中の波に乗り遅れないように、古い文化にとらわれず新しいものを使ってみてはいかがでしょうか。

【私がおすすめするBluetooth】

 

https://riscrepe.com/genuine-lightning-charger/