周辺機器

Apple純正品がセブンイレブンに登場!純正品と非純正品の違いをおさらい。

alt"セブンイレブンにApple認定品が!純正品と非純正品の違いって?"

日本のスマホシェア率の中で、半分以上はiPhoneが占めているという状況にあります。

そんなiPhoneですが、iPhoneの周辺機器などのアクセサリーは大きく分けて

  • Apple純正品
  • Apple非純正品

の2種類があります。


Apple非純正品は比較的安価で、今では100均などでも販売されています。

それに比べ、Apple純正品は高価で販売されている店舗も、ネットやスマホショップなど限られています。

そんなApple純正品アクセサリーが、2019年の5月中旬からセブンイレブンで販売されることが決まりました。

販売されるのは、

 

・Lightningケーブル
5W 電源アダプター
18W 電源アダプター
・EarPods

 

などとされています。

24時間営業しているセブンイレブンで販売されるとなれば、Apple純正品アクセサリーを今まで以上に手軽に入手することができます。


また、Apple純正品のアクセサリーはApple社が認めている商品なので、安心して使用することができます。

私自身もApple周辺機器はすべて純正品で統一するようにしていますが、なぜそこまで純正品にこだわる人がいるのでしょうか。

本記事では、

・「Apple純正品」という安心感

・高価すぎるApple純正品の代替品は?
 
について解説していきたいと思います。

 

「Apple純正」という安心感

alt"Lightningケーブルの画像"

純正品」や「正規品」という言葉が目に入ってくると自然と安心感を覚えますよね。

私自身もiPhoneやiPadの周辺機器はすべてApple純正品を使うようにしています。
なぜなら単純に純正品のほうが安心感があるからなんです。

というのも、Apple純正品ではない「非純正品」というのはすぐに故障してしまう可能性が高く、実際に使い始めて数カ月で使えなくなったという声も聞いています。

それに非純正品のアクセサリーのみが壊れるなら特に問題はありません。

しかし非純正品の本当に怖いところは、iPhone本体の故障の可能性があるというところなんです。

もし非純正品のLightningケーブルを使っているとするならば、iPhoneの充電コネクタの部分が故障してしまい、一生充電ができなくなってしまう可能性があります。

そうなってしまえばiPhone本体を買い替える事態になってしまいます。

そうならないために、私は「Apple純正品」を使用しているんです。

 

※純正品と非純正品の見分け方はこちらの記事を参考にしてください。

 

http://riscrepe.com/post-1331/

 

高価すぎる「Apple純正品」

確かにApple純正品は使っていくうえで安心感はありますが、問題点が1つだけあります。

それは「高価」だという点です。

Lightningケーブルでいえば、1mの長さのもので約2000円程します。

これだけ高価なのはやはり、性能がよく壊れにくいからなんです。

しかしいくら安心感があるといっても、充電ケーブルは消耗品ですし、充電ケーブル1つで2000円という価格では手を出しにくいですよね。

そういった方のためにおすすめするのが、「MFi認証商品」です。

これはAppleが公認した「Apple公式認定品」のことを言います。

Appleが認定したMFi認定商品にはすべて下のようなロゴが表記されています。

alt"MFi認定商品"

このロゴが表示されている商品は、Apple正規品と同様に安心感をもって使用することができます。

それにこのMFi認証品はApple正規品に比べて安価なのが特徴です。

安価で安心感をもって使える商品がMFi認証品なんです。

Apple正規品は少し手を出しずらいけどiPhoneを大切に使いたいという方は、ぜひ「MFi認証ロゴ」がある商品を使ってみてください。