iPhone

Appleの新サービスはApple版クレカ「Apple Card」。これは使わなきゃ損!?

alt"Apple Cardの写真"

3月25日からアメリカでApple発表会イベントが開かれています。

その中で「Apple News+」や「Apple TV+」などが発表されました。

発表されたもののほとんどはサービスで、iPhone等のハードウェアの発表はありませんでした。

そんな発表されたサービスの中に「Apple Card」というものがあります。

この「Apple Card」とは何なのか。

今回は、このApple Cardについて現時点で分かっている範囲で紹介していきたいと思います。

 

『Apple Card』って何?

alt"Apple Cardの写真"image: Apple


この「Apple Card」は、簡単に言うとAppleの「クレジットカード」です。

Apple Cardは、マスターカードゴールドマン・サックスが共同で作成したクレジットカードで、iPhoneからすぐに発行することができ、使えるようになります。

最近ではApple Payが少しずつ日本でも普及し始めていましたが、まだまだApple Payが使える店舗は多くありませんでした。

しかしこのApple Cardを使えば、Apple Payに対応していない店舗でもクレジットカードとして支払いをすることができます。

 

アプリとの連携

Apple Cardの良さはたくさんあります。
その中に、「アプリとの連携」があります。

iPhoneにはデフォルトで「Walletアプリ」がインストールされており、Apple Payもこのアプリを通じて利用しています。

今回発表されたApple CardもこのWalletアプリと連携させます。

そうすることで、たくさんのメリットが出てきます。

例えば、「どこでカードを使用したか」が分かるようになります。

alt"apple cardとWalletアプリを連携させたときに表示される画面"image:Apple


カードを利用した店舗をロゴとして表示してくれ、またカードを使った明細も一覧として表示してくれます。

一覧と表示してくれた時も、カテゴリごとに分けてくれるため、家計簿などもつけやすくなります。

この機能があれば、クレジットカードの使い過ぎを防止できますし、とても便利に使いこなせそうです。

キャッシュバック

alt"Apple cardを使えば2%キャッシュバックされる"image Apple

さらにびっくりするところがあります。

それは、『Daily Cash』と呼ばれる、毎日2%ののキャッシュバックがあるところです。

つまり、Appleカードで支払いをすれば、すべて2%引きなんです。

それに加え、Appleに関連する商品などの買い物をすれば、3%キャッシュバックされるんです。

これを使わない手はありませんよね。

 

この「Apple Card」の利用開始は今年の夏となっています。
しかし、これはあくまでアメリカでの話で、日本でいつから使えるようになるかは今だ不明となっています。

少しでも早くこのサービスが使えるようになるとうれしいですね。
随時情報を発信していきたいと思います。

 

RELATED POST